損切りをするのは勇気が必要

FXでは、どうしても含み損を抱えてしまうケースがあります。

例えばある初心者の方が次のような悩みを抱えています。以下、話を分かりやすくするために仮想の為替レートにて解説いたします。

その方は、1ドル100円の時に米ドルを買いました。ところが、米ドルは下がってしまったのだそうです。現時点では99.7円とでもしましょう。

その方は、米ドルを損切りするべきか否か悩んでいます。もう少し待てば、100円に戻るかもしれないと考えているからです。その方は、「その場で損切りをするか100円に戻るまで待つべきか」で悩んでいるのだそうです。

私は、そういうケース場合は損切りをしてしまう方が正しいケースが多いと考えています。確かに100円に戻る事はあります。実際に私もそれと同じような状況を何度か経験しているのですが、確かに何度か100円に戻ってきていました。

しかし、それには時間がかかります。100円に戻るまでの間、ずっと苦しみ続けなければなりません。長い時間苦しむよりは、さっさと見切りをつけてしまった方が賢明というパターンが多いですね。

損切りをするべきか否かを迷った時は、損切りを選ぶ方が正解の事が多いです。確かに100円に戻る事はありますが、それまで苦しみ続けるストレスなどを考えると割が良い仕事とは思えないからです。

まあ最初の内は、損切りをするのは勇気が必要なものです。ですが何度かは、損切りの経験を重ねた方が良いと思います。何回か経験すれば、淡々と損切りできるようになるものだからです。
http://www.fxprime.com/

結局は買わなくても正解

人によっては、物を購入するのにかなり時間をかける方もいらっしゃるものです。その一例が、本日私がある街のコンビニの前で見かけた二人の方です。

その方々は、どうもコンビニが掲げていた旗が気になっていたようなのです。その旗では、コンビニの新商品が宣伝されていました。

その二人の方は、コンビニの旗を見ながら買おうか否かをずっと葛藤していました。かなり長い間話し合っていたのですが、結局最終的には買わないのが正解と思ったのでしょう。その二人の方は、コンビニから去っていきました。

私は、この二人の方の考え方はFXでは正解だと思っております。

外為 オプションでは迷うことは多いものです。目の前でチカチカしている為替レートを見ていると、売買をするべきか悩むものです。なぜならば、クリック一つで大きな利益が発生する可能性も有るからです。

しかし大きな利益が発生するチャンスが有るという事は、大きなリスクも有るという事です。そのリスクが原因で悩むものなのです。

私はそういう時には、思う存分に悩む方が良いと思いますね。悩みに悩みつくす位が丁度良いと思います。

そして、恐らく悩んだ挙句に売買をしないと思います。それか、売買をするタイミングを逃すかのどちらかになる可能性が高いです。

しかし、実はそれで良いのです。なぜなら、売買をしないという事は損をしないからです。

売買をする事で得ていたはずの利益がゼロになる事は、痛いと感じるかもしれません。しかし、大損をするよりは良いことです。

まあ上記のコンビニで悩むのにも似ていますね。結局は買わなくても正解だと思うのですが。
FXの場合は、「悩んだ挙句に買わないのは、常に正解と思っても差し支えない」と個人的には思います。

http://hirose-fx.co.jp/

更新情報

2014/11/27
損切りをするのは勇気が必要の情報を更新しました。
2014/03/03
FXを難しくしている要因の1つの情報を更新しました。
2014/03/02
金融商品を取り扱っている業者の宣伝のやり方の情報を更新しました。
2014/03/01
FXで真剣に利益を出したいのならを新規投稿しました。
2014/02/28
大きな値動きが発生する事もを新規投稿しました。
△PAGE TOP